社会福祉法人共生福祉会 福島美術館

主な収蔵品

伊達家関連資料
その大半が福島家と伊達家との交流の中で直接旧藩主のもとから譲られており、伝来と質の高さは関係機関からも認められています・・・
詳細はこちら
近世郷土の作家たち
藩が主導する美術の中心にはお抱えの絵師(藩画員)の作品群−佐久間・荒川・菊田の各家が輩出させた作家の作品が収蔵されています・・・
詳細はこちら
近世江戸・京阪の作家たち
仙台藩伊達家へ出入りしていた狩野派の絵師の作品が伊達家からの伝来品を中心にまとまって所蔵されています。三幅対が揃う様はなかなかの圧巻です・・・
詳細はこちら
館内写真館内写真館内写真
近代の作家
明治時代に業を起こした福島家では、周辺の画家たちとの交友を中心に近代の美術品が蒐集されました・・・
詳細はこちら
工芸品
工芸品は茶の湯に関連した茶道具が約300点と主流を占めています。仙台焼・切込焼といった郷土の貴重な作例のほか、中国・朝鮮の茶碗・花器、香道具も所蔵されています。・・・
詳細はこちら

このページの初めに戻る

工芸品 近世の作家 近世江戸・京阪の作者たち 近世郷土の作者たち 伊達家関連資料