社会福祉法人共生福祉会 福島美術館

主な収蔵品/近代の作家

明治時代に業を起こした福島家では、周辺の画家たちとの交友を中心に近代の美術品が蒐集されました。新時代を迎えてもあくまで伝統を守ろうとした佐久間家、新風に接しながらも故郷に自らを託した遠藤速雄、近代の風俗画を仙台に繰り広げた熊耳耕年、明治の書聖・中林梧竹の唯一の弟子である高橋天華などがあげられます。
また、書画会の主催者として、中林梧竹、前田黙鳳、福田古道人などの作品も所蔵されています。

遠藤速雄筆 猫に罌粟(ケシ)図

菊池芳文筆 清水寺春景図

このページの初めに戻る

工芸品 近世の作家 近世江戸・京阪の作者たち 近世郷土の作者たち 伊達家関連資料