社会福祉法人共生福祉会 福島美術館

Q&A

よくあるご質問

仙台市にあるのに、なぜ、「福島美術館」なのですか?

お答えします。福島美術館は仙台の素封家・福島家3代(禎蔵・與惣五郎・運蔵)に渡り蒐集した美術品の寄贈を受けて、ライフセンターに併設開館した美術館です。
このような由来から福島美術館という名称になっています。

自宅、あるいは知り合いの家から、古い掛け軸が見つかりました。鑑定してもらえますか?

お答えします。申し訳ございませんが、「美術館・博物館」では鑑定は致しません。
しかし、書いた作家がどのような人物であるかを調べるお手伝いはできます。

学芸員の人に聞きたいことがあります。いつなら、お話できますか?

お答えします。予めお電話をください。日程を調整いたします。

どこで福島美術館の展覧会情報を入手できますか?

お答えします。こちらのホームページの他、新聞各紙、宮城県の文化施設、仙台市市民センター、リンク&スペシャルサンクスでお知らせしています。

個展をしたいのですが、部屋はありますか?

お答えします。ライフセンターではサークル・教室活動を対象に貸室業務を行っています。販売など営利を目的とされる場合、料金は異なります。詳しくは事務室へお問い合わせくだい。展示室の貸し出しは現在行っておりません。

このページの初めに戻る

工芸品 近世の作家 近世江戸・京阪の作者たち 近世郷土の作者たち 伊達家関連資料