東京都立片倉高等学校 部活動紹介 > 硬式野球   
硬式野球
【2020年6月現在】

部員数 男子       3年生15名  2年生21名  1年生24名
    女子マネージャー     2名      2名      4名   
                                   合計68名

大会成績 
    2018 夏
         2回戦   青梅総合       8対1(7回コールド)
         3回戦   町田工業       8対0(7回コールド)
         4回戦   國學院久我山(シード) 6対4
5回戦   日野         5対1
         準々決勝  日大三(第1シード)  6対8 ベスト8
                          (日大三は甲子園ベスト4)

    2019 秋(2018) ※新チーム
          ブロック予選  小松川 6対1  
                  福生  5対1
          本大会1回戦  修徳  2対1 
             2回戦  東亜学園2対4  (東亜学園はベスト4)
         
         春(2019)  
          本大会1回戦  小岩        2対1
             2回戦  小平南      14対1(5回コールド)
             3回戦  啓明学園      7対0(7回コールド)
             4回戦  国士舘(第1シード) 6対10 ベスト16
                                (国士舘は準優勝)
    
    過去の成績
         H22(2010)夏  西東京大会ベスト16
         H23(2011)春  東京都大会ベスト16
         H24(2012)春  東京都大会ベスト16
         H24(2012)夏  西東京大会ベスト4
         H26(2014)春  東京都大会ベスト16
         H28(2016)秋  東京都大会ベスト16

         ★H22年以降 9年間でベスト16以上8回
           
        
活動内容グランド
一昨年冬、グランド改修工事が入り、整備されました。両翼90m以上が取れる十分な広さを持ち、内野は黒土が入りしっかり整備されています。
都内では非常に珍しくホーム上方に天井ネットがありません。
春・秋のブロック予選(公式戦)の会場にも使用されます。
グランド横にバッティングゲージが2つ常設され、暗くなってからも練習できるようLEDのミニナイターが設置されています。

活動内容 
グランド全面を使ってのフリーバッティングなどは主に朝練(7:30〜)で行っています。月曜又は火曜を練習休みとしています。シーズン中(3〜11月)の土・日は、基本的に他校との練習試合となります。人数が多いため、チームを2つ又は3つに分けて、A〜B(C)戦を実施します。

宿泊遠征 8月  新潟遠征(帝京長岡、中越など)〔今年度中止〕
            長野遠征(松商学園、小諸商業、丸子修学館))〔今年度中止〕
            ※最近4年間は東京都元気アッププログラムとして実施
      12月  大島合宿 〔今年度は中止〕

・春、秋のブロック予選では会場校として大会運営を行います。〔24校〕
・西東京大会(夏)では多摩一本杉球場の担当校の1つとして大会運営のお手伝いに当たっています。
・外部コーチにより定期的にトレーニング指導やストレッチ指導を受けます。
・メンタルトレーニングの講習会も実施しています。
・1月の高尾山登山の他、父母会主催の夏の大会壮行会や三送会を行います。
スタッフ ◆監督 宮本秀樹(62) 地歴・公民科教諭 1学年担任

東京学芸大学附属高校 野球部(投手)
早稲田大学在学中に母校学芸大附属の学生監督(1年間)
都立野津田高校 野球部長・監督(6年間)
都立東大和高校 野球部長・監督(10年間)
 〔2目の準優勝直後の同校で、佐藤道輔先生【「甲子園の心を求めて」の著者、のち東京高野連理事長】と共に指導、指導者としての心構え、チーム作り等に
ついて多くの教示を受ける。〕

都立府中工業高校 野球部長・監督(11年間)
 〔1からのチーム作り、一桁の部員数から90名近い部員の大所帯チームになる〕
ブロック当番校となり3度のブロック優勝(秋ベスト24)
H18秋 都大会ベスト8
H17  高江洲拓哉投手が高校生ドラフト4位指名を受け、中日ドラゴンズ入
団(都立高校の投手として初めて)

都立片倉高校 野球部長・監督12年目
H20片倉へ異動 H21秋より監督
H24夏 西東京大会準決勝進出(ベスト4)
H30夏 西東京大会準々決勝進出(ベスト8)
H30 4月より再任用教諭(フルタイム)としてそのまま監督も続けている。

※H15 東京都教育委員会表彰(部活動)受賞
H18 文部科学大臣 優秀教員表彰(部活動)受賞
H30 日本高野連 朝日新聞社より育成功労賞 受賞



◆責任教師(部長)舟山恭史(52)公民科教諭 1学年担任

明治大学附属中野高校野球部(投手)
明治大学野球部
日本ハムファイターズ(現・北海道日本ハムファイターズ)よりドラフト4位指名・入団
93年イースタンリーグ最優秀防御率
94年同リーグ最優秀救援投手獲得
7年間の現役・引退後 金融機関、不動産会社勤務を経て
成立学園高校勤務 成立学園在職時にアマチュア野球指導員資格取得
(プロ野球公認指導者、全国野球振興会、野球技術指導員)
H30より都立片倉高校勤務(2年目)




◆顧問・コーチ 飯田 一史(41) 地歴科教諭 生徒指導部

都立東大和高校野球部(副主将、内野手)
 大学在学中に宮本監督の誘いで府中工業高校野球部コーチとして3年間指導し、
チームの土台作りに貢献
都立大泉高校野球部長(4年間)その後、定時制高校・全日制高校軟式野球部を指
導しH31より都立片倉高校勤務(1年目)


◆顧問・コーチ 吉岡 幸隆(33) 数学科教諭 3学年生担任

都立松が谷高校野球部
都立日野高校野球部長(4年間)
都立八王子拓真高校にて野球部を指導
チームは定通軟式野球で全国大会準優勝
H31より都立片倉高校勤務(1年目)



◆顧問・コーチ 馬場 拓己(24) 保健体育科教諭 2学年担任

福島県立会津学鳳高校(内野手)
東京学芸大学(内野手)
H29東京新大学野球連盟2部春季リーグ打撃成績ベスト8
H30東京新大学野球連盟1部昇格
H31より都立片倉高校勤務(2年目)





◆トレーニングコーチ 森下 茂

都立東大和高校野球部(副主将、2年時にチームは準優勝)
(株)フィットネスアポロ社にてトレーニングコーチとして活動後H13独立
拓殖大学ラグビー部の他、茨城県日立一校野球部などで指導
宮本監督とは府中工業時代からずっとタッグを組んで指導(月に1〜2回)


◆コンディショニングコーチ 藤崎 光志  

柔道整体師、プロボクサーなどの立場から主に投手を中心にストレッチ・
コンディショニングなどを指導(月2〜3回)
連絡事項
中学生の皆さんへ
硬式野球部への入部を考えている生徒と保護者の皆様へ(2020.06)
令和2年度 野球部見学・説明会申込用紙
令和2年度 野球部見学・説明会のご案内




【近況】
2020年 都立片倉高校野球部 練習試合対戦校(A戦のみ)


7月  足立新田   小山台   紅葉川   葛飾野   大成   東大和

8月  蕨(埼玉)    明大中野        県相模原(神奈川)   志学館(千葉)
    府中工業    鎌倉学園(神奈川)   藤沢翔陵(神奈川)   袖ヶ浦(千葉)         
    十日町(新潟)  高崎商業(群馬)    君津商業(千葉)    千葉北(千葉)  

9月  松が谷  (ブロック予選)

10月  市立橘(神奈川)  白山(神奈川)  瀬谷西(神奈川)  (秋季本大会)

11月  成田(千葉)  佐倉西(千葉)  三条(新潟)  八王子北 
     日大三      杉並        菅(神奈川)

練習再開と今後の予定(6月18日(木))
 ついに練習が再開しました。分散登校のため部員は半分ずつに分かれていますが、交互に活動できるようになりました。まだまだチーム全員がそろっての練習はできませんが、学年ごとの練習から一歩前進しました。夏の大会まであとわずかな期間しか残されていませんが、3学年が同じグランドで練習できる時間を大切に全力で野球を楽しみたいと思います。(3年選手)

【今後の予定】 ※変更になる場合あり
 7/3 チーム全員での練習再開
   4 練習試合(今年度初)
   5 練習試合
   8 大会に向けた実戦練習(多摩一本杉球場)
   12 大会に向けた実戦練習(多摩一本杉球場) 
   18 夏季西東京大会開幕   


久しぶりのチームランニング

キャッチボール

新一年生、始動!(6月8日(月))
 新型コロナウィルスのために遅れていた新1年生の活動がついに始まりました。
 今年は選手25名、マネージャー4名、あわせて29名の新しい仲間が加わりました。今日は試合用のユニフォームや練習用シャツ、チームバッグの発注を行うためにサイズ合わせなどを行いました。例年3月末に行っていることなので、かなり遅くなってしまいましたが、サンプルのユニフォームに腕を通してみんな嬉しそうでした。(2年マネ)


練習試合用シャツとトレーニングシャツ

片倉チームバッグ

ZOOMを使ってのトレーニング(5〜6月)
 5月から森下トレーニングコーチ指導の下、ZOOMを利用したトレーニングをはじめました。最初はネット上のミーティングルームへの参加方法が分からず戸惑う人もいましたが、回を重ねるごとに慣れてきて週一回のペースで続けています。写真は新一年生のトレーニングの様子です。
 
 学校は再開しましたが、以前のように練習できる日はまだ先になると思います。しかし、7月の大会を目標に残された時間を精一杯野球に取り組もうと思います。
                                   (3年選手)


森下トレーニングコーチ

一度に40人がオンラインでトレーニング

藤崎さんのトレーニング(2月6日(木))
今日はバッテリー陣がコンディショニングコーチの藤崎さんに指導を受ける日でした。背中の緊張がとれるエクササイズや、肩の可動域を広げたり、下半身の押す力を強めたりするトレーニングなどを行いました。
定期的に指導を受ける中で、野球に必要な身体の部位を鍛えるとともに可動域を広げていけるよう取り組んでいます。                     (マネ)


可動域を広げるためのトレーニング

いつも丁寧に指導してくださいます。

やさしくて話しやすいお兄さん的な存在です。

桐ヶ丘高校にて野球教室(2月2日(日))
現役時代の船山先生と一緒にプレーされていた元日本ハムファイターズの外野手・嶋田信敏さん(引退後は同球団の一軍コーチも経験)をお招きし、走塁と外野守備について教わりました。
初対面でいきなり「ノブさんと呼んでくれ」という気さくな人柄で自分たちの緊張をほぐしつつも、的確で目からウロコが落ちる指導に感動と納得の3時間でした。教わったことを必ず自分たちのものにし、大会の結果で恩返しできるように頑張ります。
 (選手)


ノブさんの練習では積極的な発言がもとめられました。


指導されたポイントを意識して実際にやってみる

高尾山 新年の祈願  1月7日(火)
あけましておめでとうございます。
 片倉高校硬式野球部の2020年、最初の部活動は恒例の高尾登山でした。
 高尾山から相模湖駅まで約15キロの山道を歩いてきました。途中、高尾山薬王院を参拝し、部員一同、今年の飛躍を祈願してきました。
 本年もよろしくお願い申し上げます。 (マネ)




大島合宿(2019年12月26(木)〜28日(土)) 3日目
大島高校グランドで守備練習。最後は広いグランドの隅から隅までを使ったリレー競走を行い2019年最後の練習をしめくくりました。

(以下マネージャによる)
昨年に引き続き、大島で合宿を行いました。新チームとしてスタートして夏の新潟遠征、長野遠征、秋のブロック予選、秋季本大会など数々の経験を通して成長してきた野球部ですが、さらなる成長のためには何が必要なのか。ミーティングを行って春季大会に向けて気持ちを1つにしました。 (マネ)


大島高校でのランニング

中距離リレー

大島合宿(2019年12月26(木)〜28日(土)) 2日目
午前中は大島マイアミ球場で守備練習。午後は三原山に登りました。三原山頂口から火口をぐるりと回るコースは往復で7キロほど。上に行くほど景色が良くなり、足の疲れも忘れ楽しく登りました。山頂口から宿舎までは、およそ8キロのコースをランニングで帰りました。

大島マイアミ球場

三原山山頂口

大島合宿(2019年12月26(木)〜28日(土)) 1日目
午前11時ころに宿舎に到着。昼食をとってから、景色の良い海岸沿いをランニング。その後、砂浜でトレーニングを行いました。

砂浜でのトレーニング@

砂浜でのトレーニングA

ティーボール教室実施報告(2019年12月15日(日))
午前9時から、本校体育館にて「子ども向けティーボール教室」を実施しました。
雨天にもかかわらず、4歳〜10歳までの11名の子どもたちが参加してくれました。
  むずかしいルールは抜きにして、ボールを投げる、打つ、走るを全力で楽しんでもら
 いました。
  最後はコーンに置いたボールを打って、守っている野球部員全員がボールを囲むまで
に走り抜けたベースの数だけ点数が入るというゲームをしました。ルールがよく分から
ず、打った途端、自分でボールを取りにいく子や、自分で走らず部員におんぶしてもら
いベースを回る子などアクシデントも色々ありましたが、みんな野球(?)を楽しんで
いたように思います。
 参加してくださった子どもたち、親御様、本当にありがとうございました。 (マネ)


こっちに走ってね

力強いスイング

おんぶしてベースランニング

1-1011-11