本文へスキップ

西武新宿線小平駅南口徒歩2分。医療法人社団白萌会 白矢眼科です。白内障日帰り手術実施。黄斑疾患研究所併設。

電話でのお問い合わせはTEL.042-341-0219

〒187-0041 東京都小平市美園町1-4-12

病院紹介clinic introduction

病院紹介

住所 東京都小平市美園町1-4-12
西武新宿線小平駅南口から徒歩2分。駅を背にロータリーを右(西)に進み、モスバーガーの並び、小平グリーンロード(遊歩道)沿いです。

駐車場10台あり
※医院の建物裏手側に駐車場があります。駐車場からは医院に隣接しているシラヤアートスペースの建物内通路を通って医院までお越し下さい。 
電話  042-341-0219
診察
時間
 
月・火
水・金
【受付】 9:00〜12:00 (診察は 9:30〜)
14:00〜17:00 (診察は14:30〜)
【受付】 9:00〜11:50 (診察は 9:30〜)
14:00〜16:30 (診察は14:30〜)
【受付】 9:00〜12:00 (診察は 9:30〜)
休 診 : 土曜午後・日曜・祝日
 ※一般診察は予約制ではありません。直接ご来院ください。
医師  院長・副院長・東京大学付属病院医師・飛松 唯 医師

当院はクレジットカード及びキャッシュレス決済のお取り扱いはございません。
現金のみとなります。ご了承下さい。


院長の紹介

院長写真

医療法人社団 白萌会(はくほうかい)
 白矢眼科(しらやがんか)
理事長 白矢 勝一(しらや かついち)


【略歴】
兵庫県明石市出身
加古川東高校、東京大学理科二類に入学、農学部畜産獣医学科へ。
東大紛争時、農学部自治会副委員長を務める。
卒後、一般企業勤めの後、島根医科大学を経て東大眼科入局、大宮日赤、九段坂病院医長を務める。
東京大学博士号授与。
その後、東京都小平市にて開業。
東京女子医大病院糖尿病センターで非常勤も務める。(〜2013)
現在は医療法人社団白萌会 白萌会(はくほうかい)理事長。
眼科専門医。視覚障害認定医。日本病跡学会会員。
日本医家芸術クラブ美術部部長。
趣味:油絵、楽器演奏、医学と芸術の歴史散策。


    
院長写真
【著書】『佐伯祐三 哀愁の巴里』 白矢勝一・吉留邦治 共著
『佐伯祐三の晩年 衝撃の真実』 白矢勝一 著

院長の芸術のページはこちらからどうぞ。



院長ゼミナール

飛蚊症
(ひぶんしょう)
目の前に虫や糸くずのような
「浮遊物」がみえるようになったら
要注意管理 
東京スポーツ
平成26年5月23日
掲載 
ドライアイがなかなか
治らなくて困っている
 
それ眼瞼(がんけん)けいれんかも? 東京スポーツ
平成24年9月11日
掲載
 IT眼症は
こんなにこわいです
パソコン・スマホのやりすぎは
「目の疲れ」だけじゃすまない
東京スポーツ
平成24年2月28日
掲載
コンタクトレンズ
危ないその使い方
使用者の10人に1人に眼障害発生 東京スポーツ
平成22年1月28日
掲載
 これが
緑内障の危険因子
放置すれば失明も・・・
健康診断「異常なし」でも
あんしんできない
東京スポーツ
平成20年9月19日
掲載
 加齢黄斑変性 視野の中心が欠ける
歪んで見える
東京スポーツ
平成20年11月7日
掲載
「目がつかれやすい」
について
 
「見る環境」を改善し、
目を休ませましょう
暮らしの風
平成21年6月号
掲載
 役に立つ目薬口座 眼科専門医が使用術を伝授
疲れ目には様々な原因が
東京スポーツ
平成21年
11月17-18日掲載
糖尿病で
失明しないために
 
早期の検査と血糖コントロールを 東京スポーツ
平成23年2月1日
掲載
     



白矢眼科医療法人社団白萌会 白矢眼科

〒187-0041
東京都小平市美園町1-4-12
TEL 042-341-0219