Touken Komachi







脇差 拵入り
Wakizashi, Koshirae
無銘(水田)
Mumei, attributed to Mizuta
【銘文】無銘
【寸法】刃長 37.3cm(1尺2寸3分1厘)、反り 0.8cm(2分6厘)、元幅 2.71cm、元重ね 0.81cm、先幅 2.10cm、先重ね 0.57cm、目釘孔 1個、刀身重量 406.5g 、拵全長 61.5cm
【時代】江戸時代
【国】備中
【特徴】鎬造、三ツ棟、身幅尋常にして重ね厚く、浅く反り付き、中切先延びる姿。生茎、鑢目切り、先浅い栗尻、目釘孔一。表裏に棒樋と添樋を掻き流す。地鉄は、小板目肌、地沸厚く付く。刃文は、沸出来の小湾れに小乱れ、二重刃、喰違刃交じり、湯走りかかる。帽子は火焔状、やや長く返る。

黒色変わり塗鞘脇差拵 : 南瓜図鐔(鉄地象嵌色絵)、霊獣図目貫(赤銅地容彫)、梅樹図縁頭(赤銅地高彫金色絵 銘 : 奈良作)

 水田派は、室町時代末期頃から新刀期に及び、備中で栄えた刀工一派です。沸出来の相州伝を強調した作風を特徴としており、水田に極められた本作もこうした作風を鑑賞することができます。江戸期における備中鍛治は概ね、「国重」と銘を切る大月家、または「為家」と銘を切る河野家に属します。両家には密接な関係があり、作風は共通しています。大月一家の作を水田物と称し、河野家の作を呰部水田と称します。「水田鍛治は、後月郡荏原、英賀郡呰部、同郡水田の三郷に分槌し」(『日本刀銘鑑』)ており、永禄十一年(1568)、毛利元就に抱えられ芸州郡山城下に移った後、天正二年(1574)三月呰部に住した水田国重が初代、三郎兵衛尉国重が二代、大与五国重は三代となり、同派には国重と切る刀工が多数います。

参考文献 : 『新版 日本刀講座 新刀編』本間薫山 佐藤寒山 雄山閣 平成9年、『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 雄山閣 2003  

見どころ
重ね厚く三ツ棟で、平肉つき、手持ち感にズシリと手応えを感じる独特の体配です。地刃がよく沸えて明るく冴え、荒沸が交じり、覇気のある出来となっています。

状態 はばき元や刃先などにところどころ錆や刃こぼれがあります。研磨のご相談も承ります。
*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地銀着一重ハバキ、拵(小柄無)、拵袋、登録証(石川県 第一〇四七七号 昭和三七年七月九日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成二十六年七月九日発行)




【商品番号】A010617【価格】160,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.