Touken Komachi





短刀 拵え入り
Tanto, Koshirae
無銘(冬広)
Mumei, attributed to Fuyuhiro
【銘文】無銘
【寸法】刃長 25.6cm(8寸4分4厘)、反り 0cm (なし)、元幅 2.17cm、元重ね 0.58cm、目釘孔 1個、刀身重量 126.2g 、拵え全長 37.5cm
【時代】室町時代後期
【国】若狭

【特徴】平造、庵棟、身幅狭く、重ね尋常、無反りで、先はややうつむき、ふくら枯れる姿。生茎、鑢目は表は勝手下がりに化粧鑢、裏は筋違(すじかい)に化粧鑢かかり、茎先にかけて丸みを帯びた刃側の輪郭となり茎幅を狭め、先は刃上がり栗尻、目釘孔一。

 板目肌、やや流れて、わずかに肌立ち、地沸つき、地景入り、白気ごころがある。

 刃文は、湾れ乱れ、匂口締まりごころ、互の目や尖り刃が交じり、小足入り、刃縁細かに沸え、砂流しかかり、飛び焼き入り、棟焼き入る。

 帽子は、表はやや刃寄りに裏は通常に位置し、共に乱れ込み小丸、返りは区(まち)まで長く多様に乱れて返り、皆焼状となる。

 変わり塗り合口拵
: 古銭形真鍮製金具、蝙蝠形鉄地金具、葵文素銅地金鍍金笄

【見どころ】
相州広次三代目の子または門人と伝えられる初代冬広が、寛正頃から若狭国小浜に居住し、以後、冬広一類は江戸時代まで十数代に及び繁栄しました。本作は、筍反りの細身の姿で、板目鍛えに匂口の締まった冴えのある皆焼刃を焼き、末相州の趣が感じられるとともに、白気ごころが現れています。

 拵の塗りは、柄は動物の皮革に似た微細な凹凸感を、鞘は樹木の表皮のようなシボのある質感をそれぞれ塗り分けて表現しています。黒茶系に金彩が施され渋く枯れた味わいのある合口拵えです。目釘は水牛の角で作られており、目釘孔の周囲も同じ材質を用いて補強されています。

【状態】研磨済み。
【付属品】素銅地銀着一重ハバキ、拵、拵袋、登録証(神奈川県第55314号 昭和49年1月18日発行)保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成29年5月30日発行)



【商品番号】A010618【価格】250,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.