Touken Komachi




刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
三代 肥前宗次
Hizen no kuni Munetsugu, 3rd generation
【銘文】表 : 宗次
【寸法】刃長 61.4cm(2尺0寸2分6厘)、反り 1.9cm(6分2厘)、元幅 3.44cm、元重ね 0.63cm、先幅 2.84cm、先重ね 0.67cm、目釘孔 1個、刀身重量 787g 、白鞘全長 89.5cm
【時代】江戸時代中期
【国】肥前

【特徴】姿は、鎬造、庵棟、身幅広く、鎬筋高く、棟にかけて重ねを削ぎ、中反りつき、元先の幅差はさほどつかず、大切先となる。

 茎は、生茎、鑢目は逆筋違、先は浅い栗尻、目釘孔一。茎の中程から下の刃方を丸みを持たせて削ぐ特徴的な茎形となる。

 地鉄は、板目肌やや肌立ち、杢目交じり、地沸微塵につき、地景細かに入る。

 刃文は、互の目乱れに、小湾れや尖刃、小互の目刃などを交え、足・葉入り、沸よくつき、総体に砂流し頻りにかかり、飛焼・棟焼かかる。

 帽子は、乱れ込み小丸、先掃き掛けて返りは長く乱れて焼き下げ、棟焼きに繋がる。

 鞘書 : 肥前國源宗次 二字銘有之 三代宗次也 姿態・地・刃共ニ覇氣横溢シ 出来優レタリ 蓋シ同作中ノ代表作ト可称矣 刃長貳尺二分余有之 平成癸未歳卯月上浣 探山邉道観并誌(花押)

【見どころ】肥前宗次は、初代が初代忠吉の門人で肥前諫早に住し、同名が数代存在します。本作は三代の作です。三代宗次は、承応二年生まれ、通称を五良大夫といい、のちに左馬佑または左馬之丞と称します。子孫の境家に伝わる古文書中の『系図年代記』に拠ると、家督相続は貞享元年とされるものの、天和3年紀の作刀が現存することから、相続はそれ以前であったと考えられます。元禄3年に諫早家に抱えられ、享保3年に諫早に移住し、享保9年に72歳で隠退しました(『第48回 重要刀剣図譜』日本美術刀剣保存協会)。本作は、身幅広く、鎬筋高く、大切先となる頑健な体配で、刃中よく働き、焼幅広く、地刃ともによく沸づく覇気に富んだ作品です。

【状態】
健体で、研磨、はばき、白鞘のいずれも良好です。
【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(大阪府 第112086号 平成七年八月八日交付)特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成10年8月6日発行)

【商品番号】A010718【価格】950,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.