Touken Komachi






短刀 白鞘入り 拵付き
Tanto, Shirasaya, Koshirae
村正
Muramasa
【銘文】村正
【寸法】刃長 25.90cm(8寸5分5厘)、反り 僅か、元幅 2.71cm、元重ね 0.50cm、目釘孔 2個、刀身重量 150.9g 、白鞘全長 39.7cm、拵全長 44.5cm
【時代】室町時代後期
【国】伊勢
【特徴】平造、三ツ棟、身幅広く、重ねやや薄く、反りがごく僅かにつく姿。生茎、鑢目浅い勝手下がり、先入山形、目釘孔二。地鉄は、板目肌流れごころ、やや肌立ち、地沸細かにつき、白け立つ。刃文は、山形の乱れ刃に互の目や箱刃風の小湾れ、尖り刃などが交じり、小沸つき、砂流しかかり、むら沸ごころがある。帽子は乱れ込み、先小丸ごころに深めに返り、先掃き掛ける。

黒蝋色塗合口拵 : 桐紋図目貫(金無垢魚々子地高彫)、桐紋図笄(赤銅魚々子地高彫金色絵)、桐紋図小柄(赤銅魚々子地高彫金色絵)、小刀(銘 兼元)、栗形(赤銅魚々子地高彫金色絵)、正絹朱色下緒

白鞘鞘書 : 勢州村正 刃長八寸五分 己酉卯月 薫山誌(花押)

村正は、室町時代後期、伊勢桑名に住した刀工です。作刀に見られる年紀でもっとも古いのが文亀元年でこれを初代とし、天文頃の二代、天正頃の三代があります。本作は、銘振りから二代の作品と鑑せられます。

参考文献 : 『第二十四回重要刀剣図譜』日本美術刀剣保存協会 昭和51年、『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 雄山閣 2003

見どころ
表裏がほぼ揃った刃文、肉置き、たなご腹となる茎の形、力強い太鏨の銘字、鑢目など、二代村正の典型的な作風を示す本作は、在銘であることも貴重ですと申しますのも、徳川家では村正に起因する刃傷事件がたびたび起きたことから、德川家に祟る刀として村正の刀を徳川家の側近たちが用いることは忌避されました。それでも村正を手放すことを惜しむあまり銘を消したり改竄したりして、村正であることが分からないようにして帯用し続けた武士も多くいました。ところが、德川家康も実は、村正を愛刀とした事実があり、その皆焼刃二字銘の刀は今日も徳川美術館に大切に伝えられています。一説には、家康が村正を排したのはある種の政策であったとも云いますが、村正には、家康にとっても存在を無視出来ない、抗しきれない魅力があったのでしょう。本作もまた、地鉄細かに沸づき白け立って光強く、山形の乱れに互の目や箱がかる小湾れ・尖り刃が交じる刃文は底知れぬ輝きを有しており、こうした特色ある景色から広がる妖刀のイメージが、いつまでも語り継がれるのはもっともなことと思われます。

状態状態良く保存されています。極小の炭篭りが数カ所交じります。
【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、拵、桐箱、登録証(東京都 第2041号 昭和廿六年参月弐日発行)、第二十四回重要刀剣指定書(日本美術刀剣保存協会 昭和五十一年七月十日指定)



【商品番号】A010817【価格】7,000,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.