Touken Komachi





脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
豊州統行
Hoshu Muneyuki
【銘文】豊州高田住藤原統行
【寸法】刃長54.1cm(1尺7寸8分5厘)、反り 1.5cm(4分9厘)、元幅 3.12cm、元重ね 0.69cm、先幅 2.22cm、先重ね 0.49cm、目釘孔 2個、刀身重量 551g 、白鞘全長 77cm
【時代】江戸時代前期
【国】豊後
【特徴】鎬造、庵棟、身幅広め、重ね尋常、反り頃合いにつき、中切先延びる姿。生茎、鑢目勝手下がり、先栗尻、目釘孔二。地鉄は、小板目肌つみ、白気ごころあり、乱れ映り立つ。刃文は、互の目に互の目丁子、尖り刃を交え、匂口締まりごころに、小足しきりに入り、小沸よく付き、細かな砂流しかかる。帽子は、直ぐに小丸、先掃きかけて返りはやや深い。

藤原高田鍛治の始祖は、南北朝期建武(1334-1338)頃の初代藤原友行で、一門は南北朝時代、室町時代、江戸時代を通じて繁栄します。藤原統行は、慶長頃から江戸前期にかけ、初代以後数代に渡りこの地で作刀した新刀(藤原)高田派の刀工です。

参考文献 : 『大分県の刀 -室町期からの-』中原信夫著 平成13年、『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 雄山閣 2003  

見どころ】小板目肌つみ白気ごころのある独特の地鉄に、乱れ映りが鮮明に立ち、見所となっています。本作は『大分県の刀 -室町期からの-』
(310頁)所載の一口です。

状態 裏の鎬地の区上19cmほどのところの小傷があります。

【付属品】下貝赤銅地上貝素銅地二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(広島県 第一五一四七号 昭和卅四年拾壱月拾九日交付)、特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成二十七年二月五日発行)

【商品番号】A020717【価格】350,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.