Touken Komachi









脇差 白鞘入り 拵入り 
Wakizashi, Shirasaya, Koshirae
河内守正広
Kawachi no kami Masahiro
【銘文】表 : 肥州河内守藤原正広
【寸法】刃長 53.8cm(1尺7寸7分5厘)、反り1.4cm(4分6厘)、元幅 3.07cm、元重ね 0.68cm、先幅 2.23cm、先重ね 0.45cm、目釘孔 二(中一埋)個、刀身重量 572g
【時代】江戸時代前期
【国】肥前
【特徴】鎬造、庵棟、身幅広め、重ね尋常、綺麗な反りがつき、中切先が延びる姿。生茎、鑢目筋違、先入山形、目釘孔二内一埋。地鉄は小板目肌よくつみ、地沸微塵に厚くつき、地景入る。刃文は、中直刃、浅く湾れ、沸厚くつき、金線・砂流しかかる。帽子は、直ぐに小丸、先掃き掛けてやや長めに返る。

黒漆竪刷毛目塗鞘脇指拵 : 小紋散図縁頭・鐺(無銘 銀地)、弓矢図目貫(赤銅地)、紋透図鐔(無銘 鉄地)、十二支図割笄(無銘 銀地)、黒漆塗研出鮫着茶糸諸撮巻柄

二代正広は、初代正広の子。弥七郎のち左伝次郎と称し、初銘は正永と切る。万治三年武蔵大掾、寛文元年武蔵守に転じ、父が没した寛文五年跡目を継ぎ河内守を受領し、同年より河内守正広と銘を切る。乱刃が多いが直刃も上手な刀工で、初代正広に比して直刃の作品が多く見られます。正広家には、膨大な古文書が伝わり、佐賀県立図書館で管理されています。

参考文献 : 『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 2003 雄山閣

見どころ
小板目肌のよく詰まった米糠肌に、匂の深い直刃に沸厚くつき金線・砂流しかる刃文を焼き、肉置よく手持ちのずっしりと重みのある頑健な姿が特徴的です。

状態わずかにヒケがあります。
*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地銀着一重ハバキ(柴垣の図)、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(東京都 第277732号 平成九年九月九日発行)、特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成十六年十二月二十七日発行)保存刀装具鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成二十六年七月一日) : 黒漆竪刷毛目塗鞘脇指拵



【商品番号】A040617【価格】450,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.