Touken Komachi





脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
近江大掾忠廣(二代)
Omi daijo Tadahiro
【銘文】表 : 近江大掾藤原忠広
【寸法】刃長 53.02cm(1尺7寸5分0厘)、反り 0.9cm (3分0厘)、元幅 3.32cm、元重ね 0.74cm、先幅 2.34cm、先重ね 0.49cm、目釘孔 1個、刀身重量 567.5g 、白鞘全長 75cm
【時代】江戸時代前期
【国】肥前
部分拡大画像は、後ほど入ります
【特徴】姿は、鎬造、庵棟、身幅広く、重ね尋常、きれいな反りがつき、中切先延びる。

 茎は、生茎、鑢目は浅い勝手上がり
、先は入山形(いりやまがた)、目釘孔一。

 地鉄は、小板目肌よくつみ、地沸微塵に厚くつき、地景細かに入り、米糠肌状となる。

 刃文は、中直刃、浅く湾れ、匂深く、小足入り、小沸厚くつき、匂口冴える。

 帽子は、直ぐに丸く返り、先わずかに掃きかける。

【見どころ】本作は二代近江大掾忠広の手に成る作品です。初代忠吉の長子で、平作郎と称し、寛永九年に父が没した時は、まだ十九歳の青年でした。それでも、もともと備わっていた資質に加えて初代忠吉当時の弟子達の手厚い支えもあり、同九年から作刀が存在し、立派に家名を守り継承したことが伝えられています。寛永十八年七月に近江大掾を受領し、元禄六年に八十一歳で没しました。作刀期間が長く、作品も多く残し、地鉄の美しさは肥前刀随一と讃えられています。本作もこまやかに詰んだ鍛え肌はまさに米糠肌と呼ぶべきもので、端正な姿と匂口の冴えた直刃刃文もすばらしく、近江大掾忠廣の特色をよく表しています。

【状態】
鎬地の棟寄りにわずかに小錆があります。さほど目立つものではありませんが、裏の物打ち辺りにやや研磨の状態が曇って見えるところがあります。
【付属品】銀地上貝金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(大阪府 第九四五七号 昭和廿七年九月貳日交付)保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成12年1月31日発行)

【商品番号】A040618【価格】700,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.