Touken Komachi





脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
無銘(三原)
Mumei, attributed to Mihara
【銘文】無銘
【寸法】刃長 51.0cm(1尺6寸8分3厘)、反り0.6cm(1分9厘)、元幅 2.79m、元重ね 0.55cm、先幅 1.84m、先重ね 0.34cm、目釘孔 2 個、刀身重量 433g 、白鞘全長 72.5cm
【時代】室町時代
【国】備後

【特徴】鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、鎬筋高く、鎬幅広めに、反り浅くつき、中切先延びる姿。磨上茎、鑢目勝手下がり、先切り、目釘孔二。地鉄は、板目肌流れごころに杢目交じり、地沸つき、白気ごころがある。刃文は直刃、匂口締りごころに小沸つき、浅く湾れ、細かな砂流しかかる。帽子はに直ぐに小丸、掃き掛けかかる。

 本作は、室町期の備後国御調郡三原その他に住した刀工の作とみられます。備後には、三原系、一乗系、鞆系、辰房系、五阿弥系などがありますが、三原系が最も古いと考えられています。一般に、鎌倉時代後期、徳治(1306~7)頃の正家を三原系の祖とし、その子正広や正信、左兵衛尉正光ら名工を輩出し、鎌倉末期から南北朝期にかけての三原系の刀工の作を古三原と称します。さらに室町時代を通してその門葉は繁栄しました。

参考文献:『日本刀銘鑑』石井昌國 本間薫山 雄山閣 平成十二年、『日本刀講座 第三巻 古刀鑑定編 中』本間薫山 佐藤寒山 雄山閣 平成九年

見どころ
古い趣が漂う白気ごころのある地鉄で、板目が流れる肌目がよく見てとれ、小気味よく匂口締まる直刃刃文を焼いて、楽しめる一口です。
                                                                        
状態表の区上11cmほどの鎬地から平地にかけて傷があり、 裏切先近くの棟にわずかに朽ち込み痕があります。ヒケ・曇り等ありますが、現状でも観賞は可能です。

【付属品】素銅地一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(埼玉県 第58298号 昭和61年9月25日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成二十八年八月二十六日発行)

【商品番号】A041217【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.