Touken Komachi









脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
無銘(雲重)
Mumei, attributed to Unju
【銘文】無銘
【寸法】刃長 54.2cm(1尺7寸8分8厘)、反り 0.8cm(2分6厘)、元幅 2.91cm、元重ね 0.83cm、茎長さ 15.9cm、目釘孔 2個、刀身重量 582g 、白鞘全長 81cm
【時代】南北朝時代
】備前
【特徴】薙刀直し造、三ツ棟、身幅尋常、先幅さまで張らず、重ね厚く、区上7cm辺りから鎬地を卸して鎬高く、反り少なく、フクラ枯れる姿。表裏に薙刀樋を掻き、表は茎中程にて角留、裏は表の角留よりやや上部で掻流しとし、表裏に添樋を掻き流す。茎は大磨上、先切り、鑢目筋違、目釘孔2個。地鉄は、板目肌つみ、杢・流れごころの肌交じり、地沸微塵に厚くつき、地景入り、地斑状の肌合いを交え、乱れ映り立つ。刃文は、直刃調に、小乱れや丁子・小互の目を交え、足・葉入り、小沸つき、金筋・細かな砂流しかかる。帽子は、乱れ込、金筋入り、先掃き掛ける。
 鎌倉時代末期頃から南北朝期にかけて備前国宇甘庄に住し、作刀した宇甘(鵜飼)派は、共通して「雲」の字を名に冠することから「雲類」とも呼ばれます。同派の特徴は、同時期の備前鍛治の作風と相違して、山城の来物や備中青江物のような趣きを示すところにあり、大和風を加味した物も見られます。本作の作者に極められた雲重は、二代雲生の子で、銘は「雲重」、「備前国住雲重」、「備前国宇甘住雲重」などと切り、年記銘には文和二・五、貞治四・六、応安二・三・五・七などがあります。

参考文献 : 『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 雄山閣 2003年

 本作は、もとは薙刀であるものの、後年になって、大磨上とし、脇差に仕立て直して用いられた薙刀直し造の形状です。

見どころ】板目に杢や流れごころの肌を交えた地鉄がつみ、地斑状の暗帯が交じり、乱れ映り立ち、刃肌に顕著に現れた杢目や流れごころの肌が小乱れ状の刃文にからみ、小沸つき豊富な働きをみせる、渋い味わいがある一口です。

状態】切先から4.5cmほどの棟に、切込み傷が1個所あります。裏側の切先から21~22cmほどの平地と、刃区上1~2cmのあたりに、鍛え傷があります。研磨の状態は良好です。

*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】銀一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(三重県 第49502号 平成13年10月16日交付 、特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会H16.4.6)

【商品番号】A060317【価格】850,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.