Touken Komachi











脇差 白鞘入り 拵付き
Wakizashi, Koshirae
肥前守鎮忠
Hizen no kami Shizutada (Shigetada)
【銘文】表 : 肥前守藤原鎮忠
【寸法】刃長 45.6cm(1尺5寸0分4厘)、反り 1.0cm(3分3厘)、元幅 3.00cm、元重ね 0.66cm、先幅 2.31cm、先重ね 0.42cm、目釘孔 1個、刀身重量 531.0g、白鞘 70.5cm、拵 65.5cm
【時代】江戸時代初期
伊賀
【特徴】鎬造、庵棟、身幅広め、重ね厚め、反りやや高くつき中切先延びる姿。生茎、鑢目切り、先入山形、目釘孔一。地鉄は小板目肌よく詰み、棟寄り流れて柾がかり、地沸つき地景細かに入り、白気映り立つ。刃文は、匂出来丁子乱れ、小足・葉しきりに入る。帽子は、乱れ込み、先小丸に返る。

茶石目地塗鞘脇差拵 : 龍図透鐔(銅地)、獅子図目貫(銅地金鍍金)、獅子図縁(赤銅魚々子地)、頭(角) 、龍図鐺(鉄地) 、稲穂図小柄(赤銅魚々子地)

鎮忠は、平高田の系譜を継ぐ刀工で伊賀名張に住し、紀伊でも作刀し初・二代があります。年紀は慶長八・九、寛永十六などがあり、「肥前守藤原朝臣鎮忠」「肥前守藤原鎮忠」「藤原朝臣肥前守鎮忠作造」等と銘を切ります。

参考文献 : 『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 雄山閣 2003年


見どころ
反り高めに棟を削ぎ鎬の稜線が立ち中切先延びる迫力ある姿に、小板目肌詰み棟寄りが流れて柾がかる地鉄は白気映りが立ち、焼幅は広く刀身中程でもっとも焼幅を広げ、総体に丁子乱れが多彩な変化を見せ華やいだ刃文となります。

状態研磨済み。白鞘・ハバキ共に状態は良好です。

*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地銀着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(栃木県 第15228号 昭和参拾五年九月拾弐日交付/平成貳拾六年六月五日再交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成29年2月2日発行)



【商品番号】A100617【価格】390,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.